切手収集、こんな使い道もある!?

知っておくべき切手の価値

切手はお金になると聞いて売りたいが、どの切手を売ればいいのか分からないという方はいませんか。そのような方に、切手の種類とその価値について説明します。 切手の種類は大きく分けて通常切手・記念切手・中国切手・外国切手・軍事切手の5つあります。通常切手は郵便局で売られている切手です。記念切手は国家的行事を記念して発行される切手であり、高値で売却できます。中国切手は最近買取価格が上昇しています。しかし、外国切手は市場価値が下がっており、高値での買取は期待できません。軍事切手は、軍人が使用するために発行された切手で非常に高値で取引されます。これらの切手は価値の差はあれど全て売却することができます。 日本で切手ブームが起こった昭和30年代には切手は高値で取引されていました。しかしブームが去った現在では、切手の価値が下がってしまい、ほとんどの切手が額面割れになっています。

切手を売る時の注意点

切手はほこりや湿気、高温に弱いので、保管方法がとても重要です。汚れがついてしまうと、買取額は大幅に下がってしまいます。切手を入手したら、ピンセットと、ストックブックを用意しましょう。切手に傷がつかないように、必ず先端が平たいピンセットを選んでください。また、切手専用ピンセットもありますので、切手収集を本格的に行いたい方におすすめです。湿気が気になる方は一度湿気取りを行ってから、ストックブックに入れると良いでしょう。 切手を売却する業者選びは、売りたい切手の種類によって異なります。通常切手は金券ショップに、記念切手は切手買取専門店に持ち込むと良いでしょう。切手の買取価格はもちろん買取業者によって異なります。切手カタログには希少価値の高い切手の市場価格が乗っているので、事前にその価値を確かめておくとよいでしょう。