切手って売れるの知ってました?

金券ショップで手軽に売る

昔、切手収集のブームがあり家族の誰かが集めていたため大量に家に切手があるという方もいるでしょう。切手コレクションに興味のない方は大量にある切手をどうしようかと悩みますよね。郵便をよく利用する方はいいのですが、そうではない方は使い道がほとんどないですよね。そういう時は売ってしまいましょう。 手軽なのは金券ショップです。店にもよりますが1枚から買い取りをしてくれるところも多いです。記念切手より使い勝手のよい普通切手の方が買い取り価格が高いです。金券ショップは切手の価値は見ません。切手を実用に使う事を前提として買い取りをします。もしかすると切手の中に額面以上の価値のある切手があるかもしれませんが額面以上で買い取ってくれる事はありません。

切手専門ショップやネットオークションで売る

所有している切手の中に、古くて価値のありそうな切手がある場合は切手専門ショップやネットオークションで売るのがいいかもしれません。近くにお店がない方はネットに切手専門ショップがありますのでご覧下さい。古い切手といってもどの年代が発行されたものが価値があるのでしょうか?疑問ですよね。 実は1960年以降に発行された切手のほとんどは価値はありません。50年代後半に切手ブームが起こり切手を収集する人が増えたのです。すると郵便局がそれに乗じてたのです。需要があるので切手を発行しまくったんですね。これは切手ブームが過ぎた今でも続いています。何でもそうですが数が多く珍しくない物は価値はありませんよね。ですから、もし1960年台以降の物は額面以下での買い取りになると思います。