切手の価値は描いてある絵によってかわる!?

切手の金額以上に価値があるものもある

切手を大量に持っている場合、その切手を利用しないとすれば、買取り業者に持って行った方がいいでしょう。買取業者に持って行くと、大抵は額面割れになります。額面割れになる理由は、そもそも切手買取りショップとしては郵便局などで使う切手よりも安く売っているので、額面割れしていて当然なのです。82円切手があった場合、売却をしてもせいぜい1枚20円から30円ぐらいにしかなりません。 このように、切手買取りショップでは額面割れでしか買取ってくれませんが、種類によっては買取ってくれるものもありあます。例えば、昭和30年よりも前に発売された切手がそれにあたります。ただ、希少価値があるものは数が少ないため、それが自宅にあることもごく希になります。

どのような切手に価値があるのか

切手の中で価値がある物はほぼ限られています。1つが、昭和30年より前、例えば、昭和23年に発売された「見返り美人」や昭和24年に発売された「月に雁」などの柄になります。これらは1枚だけであれば1500円ぐらいになります。額面を遙かに超えて取引きをされることもめずらしくないのです。 また、それほど古くない物でも額面以上に取引きされている例があります。例えば、有名アニメが描かれた切手です。5枚セットや10枚セットになっていることがありますが、それらは限定品のため割と高く売れることがあります。そのため、バイヤーの中には限定品の切手は必ず購入することにしている人も少なくありません。手持ちの切手の額が気になる場合には、査定をしてもらいましょう。