実は売る店によって値段が違う

査定人が違えば値段も違う

切手は、ある程度相場というものが存在します。しかしその切手の状態は一つ一つ異なるので値段は変わりますし、査定人も違うのでそれぞれ見方は変わります。査定の世界では知識や経験が問われるので、査定人の実力によって値段が変わってくるのも事実です。特に切手は細かなキズや汚れなどもしっかりと見て判断しなければならないので、それらを見つけるか見落とすかでも全然違います。 また、それぞれのお店で求めている切手が異なりますし店主の趣向に合うか否かという問題もあります。例えばお店が海外の切手を中心に取り扱っているにも関わらず日本の切手を大量に持って来られたとしても考えが合致しません。この場合でも一応買取はしてくれますが、希望の額には届かない可能性があります。

状態を大切に、求めている場所で売る

切手を売るのであれば、より高く売って生活の足しにしたいものです。その為に大切になるのは切手の状態で、状態が悪ければ高く売れません。それがどんなに希少性の高い切手でも、見るに堪えないような状態ではマニアを喜ばせることはできません。 逆に、もう生産されていない希少な切手がまるで新品のような状態で残っている場合は大きな価値があります。特に昔の、地方でしか入手できないような切手は非常に貴重であり、多くのマニアが獲得のチャンスを狙っています。 そして、売る時はそのお店の意向を十分汲み取る必要があります。お店は在庫状況が頻繁に変化するので、できるだけ品薄な切手を仕入れたいと思います。お店が求めている切手を売れば、自然と買取価格も上昇します。